肝臓を守る・二日酔いを防ぐ方法②-根本改善整体らくしんかん(広島市)

整体操法をしていると、

受けている方から「お酒を飲んでいいんですか?」と

良く聞かれます。

 

こちらは医者ではないので、

止めさせたりするなど、指示をする立場ではありません。

 

ただ、

「お酒はおいしく飲んでくださいね」

と言います。

 

さらに、

「途中でお酒の味が変わって、美味しいと感じなくなったら、その場でやめて下さいね」

とも言っています。

 

お酒に限らず、なんでもそうですが、

おいしければ「体」が要求している状態です。

 

同じものを食べ続けて、途中で飽きや「不味い」と感じ始めたら

すでに「体」がその飲み物、食べ物を要求していない状態なのです。

 

そのまま飲んだり、食べたりすると、

消化器、肝臓や腎臓など身体に負担を掛ける事になります。

 

とくにお酒はビールなど味覚が微妙に感じやすい飲み物のひとつです。

途中で味覚が変わったら、すでに身体からは「もうやめて」のサインです。

 

もうひとつ、お酒もそうですが「おいしく」飲んでだほうがいいはずです。

量ばかり飲んで酔っ払う人がいますが、これでは酒に飲まれている状態です。

「おいしく」楽しむには、上等なお酒を選んでチビチビゆっくりと

味わいながら楽しんで飲むと、忘年会・新年会も新たな味わいがでてくるでしょう。

 

まずは味覚をはじめ感覚を敏感にする

からだの訓練も必要です。

訓練方法は当処で指導しますので、お気軽に声をお掛けください。

(おわり)