セルフ”腰痛”克服体験-根本改善整体らくしんかん(広島市)

自分で”腰痛”を克服できる!

しかも”寝ながら簡単にできる!”

わずか5分、身体全体も気持ち良くなって熟睡できる!

 

こんな腰痛克服セルフケアがあると、

やってみたくなりませんか?

 

文章に書くと、ちょっとややこしそうに見えますが、

やってみるとカンタン!

仰向けに寝てやりますので誰でも無理なくできますよ!

 

では、やり方を紹介します。

 

1.基本姿勢をつくります

・仰向けに寝ます

・下に敷くのフトンはあまり柔らかいのは避けて下さい。枕は不要です。効果を上げる為です。

・両足と両膝を寄せて、ピタッと揃えます。

・両足のカカトを立てます。

・リラックスして、呼吸は自然呼吸、この時の視線は天井に向きます。

 

2.やり方です

・両手をバンザイのように頭の上方にゆっくりあげます。

出来るだけ耳元から腕が離れないようにします。左右の両手が離れると効果がなくなります。

五十肩などで手を挙げられない方は、そのまま手を体側にゆったりと添わせても大丈夫です。

 

・次に両足のカカトを押し出し、同時に両手の指先をゆっくりと伸ばしていきます。

両足のカカトを押し出すと、縮んでいた腰が伸びてきます。

骨盤と背骨の間が伸ばされ、骨盤と仙骨の間の筋肉も伸ばされてきます。

・10秒程度すこしのばしたままにします。

 

・息を吐きながら、両手・両足を脱力します。

 

・20秒くらい、脱力したままリラックスの姿勢で休みます。

 

ここまでが1セットになります。

これをお好みで3~5セットくらいします。

 

以上が基本形ですが、次に応用形です。

基本形の要領で以下のバリエーションを試しましょう。

①右足・右手の右側を伸ばしてみましょう。

②左手・左足の左側を伸ばしてみましょう。

③右手・左足の交差して伸ばしてみましょう。

④左手・右足の交差して伸ばしてみましょう。

 

ここまでやって、しばらくリラックスして起き上がると

たいていの腰痛は緩和されています。

 

腰痛の主な原因に、

A.腰椎という背骨配列に無理な力がかかって圧迫され、筋肉や神経にも影響していること。

B.骨盤と仙骨の間の”仙腸関節”が拡がり過ぎて、筋肉や神経などに悪影響を及ぼしていること。

があげられます。

 

基本形ではAを改善し、応用形ではBを改善していきます。

 

夜寝る前や朝起きたときにフトンのうえで簡単にできますので、お試しください。

 

もっと効果的に改善するには、足や手の伸ばし方、角度、タイミングなどの微調整が必要になります。

慣れるとだんだんと自分流のケアができて熟達していきますが、わからないという方には

当根本改善整体らくしんかん(広島市)でお教えしていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

(おわり)