とっさの応急処置”痛い中耳炎”-根本改善整体らくしんかん(広島市)

いよいよ年末年始の休日に入ったところも多いと思います。

病院も当然休みになります。

困るのは年末年始に急病や体調不良に陥ること。

 

今回は年末年始とくに困る”耳鼻科”系で

”中耳炎”です。

 

風邪を引くと中耳炎を起こす人がいますし、

小さなお子さんもかかりやすい傾向があります。

 

この中耳炎の困るのは”痛い”。

頭の近い処だから”とにかく痛い”。

 

そこで”中耳炎”の応急処置法を説明します。

 

まず首を使います。

痛い首側に顔を向けます。

 

同時に位置として首の真ん中、やや後方から手の親指をあてます。

そして口を思いっきりあけると、親指にあてたところが堅くなっていれば

そこに狙いを定めます。

 

指を首にあてたまま、開けた口を閉じさせて、その瞬間に指を離すと

首の堅い処が緩んできます。早ければこれで中耳炎の痛みが和らぎます。

 

つづいて痛い側の足のうち踝(くるぶし)の下。

同じ側の足の小指の付け根から、3センチ踵よりの場所。

脇の下を軽く押圧します。

 

とりあえず以上だけでもやっておくと、

ずいぶん楽になってきます。

 

あと専門的で申し訳ありませんが、

痛む耳の後ろの骨の下、堅くなって緊張している足の太腿の内側を

やさしく気を通すように押圧し、胸椎5番をという背骨を軽く叩くと

さらに効果的です。

 

あと”耳”は腎臓ともつながっていますので、

足の裏、背中側の腎臓のある箇所を冷やさないように

気を通すようにやさしく押圧しておくと気持ちいいし、効果が保ちます。

(おわり)