”整体稽古の意味”-安心して整体を受けていただくため:根本改善整体らくしんかん

前回は、施術中の事故のことを取り上げました。

その大きな原因のひとつが”力技”です。

つまり、ひたすら力で”押したり、揉んだり”することです。

 

柔道整復師や指圧マッサージ師もそうですが、

幾ら国家資格があっても、

”力まかせの技”から抜けない限り、事故は無くなりません。

 

要は

”力を抜いて、気を抜くな”

 

こちらでは整体をやっていることを”施術”と言われるそうですが、

ウチでは”施術”という言葉は使いません。

“操法”としておきます。

 

 

まず、実習をする時は”稽古”と言います。

何だか習い事にみたいですね。習字や舞踊とかの。

整体も一緒です。

 

 

力まかせの技を否定し、整体操法が要求するカラダの使い方を、

イチから全部カラダを使って練習するのです。

 

 

だから親指だけを動かすという事はないのです。

手のひらのど真ん中を意識して5本の指を同時にバランスをとって使います。

これだと特定の指だけに力が入ることはありません。

 

ウチはベッドを使用しないで”床”でします。

当然、床では座りますが、必ず正座が基本です。

正座になると中心が決まりやすくなり、集注力がでて焦点を定めた操法がしやすいのです。

 

ですから操法は、必ず正座か”跪坐(きざ)で行います。

胡坐をかいたり、片膝をついたりして操法することは決してありません。

 

胡坐をかくなど、座りを崩すと、

この時点で自分の中心が崩れて、崩れた状態で相手に整体するのでは

操法にはならないからです。

 

同時に床にしっかりバランスをとって身体を保ち、

正座になる事で、腹や腰とくに恥骨の中心が意識をして

手先だけにならないようにします。

 

相手をうつ伏せになって、その上から跨って”中腰”になってから

相手の背中を操作する方法もあります。

これは”中腰の型”とも言っています。正直かなりキツイ型です。

 

こちらは単に上から手の力で押さないように、

あえて小手先を使えないようにした先人の智慧です。

自分の両腕をしっかり自分の両足内側につけて、腕だけの力が伝わらないよう

身体全体で相手の背中を操法していくのです。

 

ですから、単にマニュアル通り、レシピ通りに

○○を押さえて、××を押して、△△という点を揉んで….

と通り順番に押したり揉んだりと言うにはならないんです。

 

 

操法する際に、立って中腰になるにしろ、座って正座になるにしろ

必ず自分の中心と相手とが対峙しなければなりません。

カラダもそうですが、気持ちという点も相手に向き続けていなければなりません。

 

相手に向き続ける事で、操法中の相手のわずかな変化を捉える事ができます。

相手のわずかな変化を捉えて改善していくには、ずっと力づくで押さえていたのでは

わからないのです。強く押す一方であると呼吸や変化を感じ取れないのです。

 

冒頭の”力抜いても、気を抜くな”がわかっていただけたと思います。

どうして練習を”稽古”というのか、日々反復して整体操法が要求する型や動きを

身に付け、整体を受ける相手との変化を感じとり、関係性を築いていくためなのです。

 

そういう意味で、単に安全で安心な整体を受けていただくためでなく、

受けていただく方の心身が根本改善と導かれる整体を目指しているのだということを

知っていただけるとありがたいかと思います。

(おわり)