温法de気管支・肺の不調改善-根本改善整体らくしんかん(広島市)

根本改善整体らくしんかん(広島市)・ナガミです。

 

アイロンを使った簡単な温法の改善効果を紹介します。

 

腰や膝などの外科系だけでなく、

内科系の問題で救急車を呼ぶほど緊急事態ではないが、夜間・土日の医者にかかれない。

そういう時に役に立ちます。

 

今回は気管支、肺からの全身不調を改善した例です。

 

先日、山口県へ出張整体に行ったおりに

一昨日から寒気がする、呼吸がゼ―ゼ―してしんどい、

しんどくてたまらないというケースです。

 

こちらの方は88歳のご高齢の女性で、

以前から腰を悪くしており、腰痛改善が目的で前もって呼ばれていたものです。

 

それが、一昨日前から前述の症状に苦しみ、

まともに寝る事ができないくらいだったそうです。

午後に病院へ行くつもりだというところでした。

 

過去に

気管支炎と肺炎で1ヶ月におよぶ入院を何度か繰り返していたそうです。

 

お会いしてみると、言葉を発するのもキツイくらい、

ゼェー、ゼェーと苦しそうに呼吸しています。

 

取り急ぎ仰向けに寝てもらい、

下の写真のように小型アイロンを取り出し温法を開始します。

 

 

 

 

 

 

アイロン任せは良くありませんので、

小型アイロンと同時進行で愉氣もしていきますが、

寒さで身体が縮み込み、お腹もカチカチです。

 

時間がかかりましたが、

お腹、胸、脇の下などをじっくりアイロン温法すると、

とりあえずゼ―ゼ―音が小さくなってきました。

 

小一時間ほどかかって

温法を終えたところ、幾らか気持ち良くなったという事です。

 

その後、気になったなので

3,4時間後再訪したところ、普通に食事をされ

家族の方からも「調子がよくなったようなので、医者に行くのをやめました」

とのことです。

 

本人も「ずいぶん楽になった。昨日と比べると全然違う」と言っていました。

ゼ―ゼ―と言う呼吸音も全く聞かれなくなりました。

 

 

気管支や肺の不調の問題があるときは、

温法で

・鎖骨の内側

・鎖骨と鎖骨の間と胸骨(ここは免疫系を活性させる)

・脇の下

・背中側にまわって、首の下から肩甲骨にかけて

などに温法すると改善していきます。

 

 

 

 

 

 

 

実際にもっと効果的に改善するときは、

整体でいう調律点も併用しますが、温法でかなりのレベルまで改善します。

 

 

イザっという時に、役立ちます。

当、根本改善整体らくしんかんでも

アイロン温法の体験、実習も行っていますので

どうぞ一度ご相談ください。

(おわり)