1・2月は肩甲骨を動かせ!-根本改善整体らくしんかん(広島市)

根本改善整体らくしんかん(広島市)のナガミです。

 

先日、草津古民家マチゴトで整体を受けに来られた年配の方が

「いや~きのうテレビの健康体操を見っとたら、”肩胛骨”をよう動かせと言っとたで!」

と仰っていました。

 

こちらの健康体操の番組はどんな趣旨で

”肩胛骨を動かせ”と言っていたのか、わかりませんが、

この時期は特に肩胛骨を意識して動かすのは確かです。

 

前回、新年明けると”後頭骨”が開いて

「春のからだ」となっていくと申しました。

 

その第2段階が”肩胛骨”なのです。

 

ついで答えを言ってしまうと

第3段階は”骨盤”なんです。

 

実は人間の背面で、

”後頭骨”-”肩胛骨”-”骨盤”って

連携し合って動いているのです。

 

私が以前、整体を勉強させていただいた

故・岡島瑞徳先生が主催する「旧・中心感覚研究会」では

”後頭骨-肩胛骨-骨盤”の繋がりを”基本三層構造”と言っています。

 

冬から春にかけては、まず後頭骨が開き、そして肩胛骨も開いて

動きがよくなって、骨盤も開いていくという流れになります。

これらの動きはごくわずかです。

 

上手く動けば、季節の流れに応じて身体も順調に変わり、

季節の移り変わりを、体感で楽しんでいけます。

 

現実には、

忙しい日常、ストレスフルな人間関係、偏った運動ばかりしている生活を

続けていると左右に不均等がでたり、うまく弛んで開かなったりとして

冬場から春先に不調を訴える事になります。

 

典型的な例が花粉症や鼻炎などのアレルギー症状です。

 

症状を出すことは”からだを変えよう”とする

カラダ内部からの反応なので、むしろ自然な動きです。

 

むやみに薬などで無理やり止めるモノではありません。

 

しかし不調の症状がでて不愉快な状態になりますので、

どうしても病院に行くなど、何らかの処置を講じたくなります。

 

少しでも不愉快な状態に陥りたくなければ、

季節の流れという自然の摂理に従って、

身体も自然に任せて動かせばいいのです。

 

言葉では簡単に言ってしまいましたが、

次回以降は”肩胛骨”を動かせる体操と、

その後は全身を意識をできるだけ排除して動かす

調整法を紹介いたします。

(つづく)