介護の必要なお年寄りの免疫力を高める方法(新型肺炎に立ち向かえ)-根本改善整体らくしんかん(広島市)

根本改善整体らくしんかんのナガミです。

 

新型肺炎コロナウイルスにインフルエンザ。

ウイルス系病気の流行した時に、いちばん深刻なダメージを被るのは高齢者。

とくに介護が必要な高齢者です。

 

前号で紹介しました”免疫力”を高める方法

自力でやっていただけないほどの介護度が高い方に

どうするかを紹介します。

 

介護が必要なお年寄りをかかえるご家庭や、

介護施設でも簡単に行うことができる

アイロン温法”を再度ご紹介します。

 

アイロンは

小型アイロンが使いやすいと思います。

本来は裁縫用のアイロンで、最近は電気屋さんでは売っていないケースが多いですが

Amazonなどの通販サイトで低価格(2,000円~)で手に入ることができます。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにウチが今使っているのはコチラ。

”National”の名前が歴史を語っている。

さすが”Made in Japan”。

今まで故障なし現役中のスグレものです。

 

安全のため靴下を覆う

 

 

 

 

 

 

 

アイロンの金属部分に触れると、間違いなく大ヤケドするので、

このようにキレイな靴下を、2~3足重ね履きさせましょう。

(くれぐれもキレイなやつね、悪臭防止のため)

 

 

本当は当根本改善整体らくしんかんでも

”アイロン温法コース”といって全身をするんだけど、

今回は特に”肺や気管支を元気にさせ、免疫力を高める場所”だけを紹介します。

ずばり以下の写真をみてね。

 

 

 

 

 

 

赤いラインのあたりが鎖骨の内側(とくに中央寄りが、肺や気管支を元気にさせる)。

オレンジ色が免疫力を高める胸腺のあたりです。

 

可能であれば、アイロンをかける前に

これらの部分に、そっと手を触れて硬直や緊張度合いを感じて下さい。

 

アイロンは、くれぐれも気持ちの良い温度でやってください。

20~30秒をアイロンをあてたら、ぱっと離して

そこに手をあててみてください。

 

硬直や緊張度合いがとれたらOKです。

 

気になるところがあれば、どこをやってもOKです。

あくまでも気持ちのよい温度で、ほど良くやってくださいね。

 

余裕があれば、お腹にもアイロンをあてて、堅いお腹をやわらかくしておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

よく下のような、ご質問をいただくのですが、

Q1. どれぐらいの時間をあてるのですか?

先ほども説明しましたが、最初堅くて緊張度合いをあった部分が、

アイロンをあてることで、温かくなって、やわらかくなって弾力を持ち始めた時点で終わりです。

あとはそこの場所が自己治癒能力を発揮し始めて、さらに元気になろうとします。

 

Q2. カイロで貼って温めてもいいの?

おススメしません。

何故なら長時間貼りぱなっしだと、その部分が自力で回復しようとする力を奪います。

かえって熱を奪って深刻な低温ヤケドを起こす危険性があります。長時間あてることは控えて下さい。

 

アイロン温法をくわしく知りたい方は

当HPよりお問合せ、お申し込みください。

(おわり)