憂うつな気分も吹っ飛ぶ!英語も上手くなる②-根本改善整体らくしんかん(広島市)

根本改善整体らくしんかんのナガミです。

 

発声訓練法の上級編。

当然、英語の発音も上達する。

 

それは”フォニックス”訓練法です。

 

”フォニックス”って、なに?

 

何のことはない、

A.B.C.D.E.F.G…..Zと

アルファベットを、ひとつひとつ発音すること。

 

えっ!そんなん訳ないやん!

 

そこが”落とし穴”

 

一度、英語を母国とするネイティブや、

フォニックスで熟達した英語教師に

アルファベットを発音してみて下さい。

 

おそらく、大半の人が

”英語としてのアルファベットの発音になってない!”

とダメ押しされます。

 

英語には日本語の発音にはないのが多くあります。

それに気づかずに、日本語のカタカナ発音でアルファベットを発音すれば、

ネイティブにはヘン?に聴こえちゃいます。

 

実は自分も

とある英会話教師にテストされ、見事にダメ出し撃沈!

 

そこでカネも手間もかけないYou tubeで

半年間欠かさずフォニックス練習しました。

 

お蔭で、街頭で外国人を道案内するときなどは、

とんちんかんなことが起こらず、

言いたいことが通じるようになりました。

 

ここからは個人ごとですが、

 

 

今はYou tubeから

”プラスワン英会話”重森ちぐささんのフォニックスのレッスンにはまっています。

北陸で英会話スクールやっていて、今やすごい人気のようですね、しかも美人だし。

 

 

彼女のスゴイところは、

フォニックスなどの発音練習を”発音の筋トレ”として位置付けていること。

やっていると”口まわりの筋肉”が相当鍛えられます。

 

 

日本人の発音の悪さは、中学高校英語が単語、文法、英文から入って

発音訓練をおろそかにして、一番大事なコミュニケーションとしての

英語を使えないモノにしたのが最大原因です。

 

過去の学校英語教育を責めるよりも

今からでも遅くありません。

英語も含めて憂うつな気分も一掃して、日本語も滑舌になれる

”フォニックス”訓練もためしてください。

(参考:プラスワン英会話フォニックス発音塾 HP https://plus1english.com/phonics/ )