”あくび”の効用-根本改善整体らくしんかん(広島市)

根本改善整体らくしんかんのナガミです。

 

ここ2,3日は雪が降るなど寒かったですが、

広島市内の平野部では、日中はポカポカで春の兆しを感じます。

 

昼下がりになると、眠くなって

思わず”あくび”をしてしまうことありませんか?

 

”あくび”は、

無意識運動です。

 

3月1日(日)に行います

”野口整体勉強会”で「活元運動」をしますが、

その準備運動として、息を吐いていくという運動します。

 

”息を吐く”ということは、

からだの力を抜くということ。

リラックスするためには、息を吐いていく事が必要です。

 

もちろん吐きぱなっしでは、身体が持ちませんので

”吸い”と”吐き”を交互に繰り返していきます。

 

そのなかで”吐き”の時間を長くしていきます。

 

そうすると身体が弛んでくる。

 

弛んできたサインが”あくび”です。

 

”あくび”は「弛んで、眠くなった」状態から

覚醒しようとする無意識運動なのです。

 

普段は何気なくやっている「あくび」を上手に使えば、

健康法にするには短絡過ぎますが、身体を良い方向に変えていく

ヒントになります。

 

もちろん「あくび」をしている時は、

そんなこと考えなくてもいいのですが。

(おわり)