簡単!体調セルフチェック-根本改善整体らくしんかん(広島市)

根本改善整体らくしんかんのナガミです。

ここでは、ありふれた日常生活レベルで皆さんにお役立ちの

元気になれる健康改善情報をお送りしています。

 

薬やサプリや健康器具は使いません。

そういった高価なものに頼ると、人間却って依存になりがちになってしまい、

自分自身のからだと向き合う心構えがなくなってしまいます。

 

元気になるのは”あなた自身”であって、当然”あなたのカラダ”なのです。

あなた自身が”元気になっていくプロセスを歩んでいって”はじめて元気になれるのです。

これが本来人間に備わっている”自然治癒能力”です。

 

最近では情報が錯綜して、

真に受けると”かえって身体が壊れるのは?”というのも

数多くあります。

 

そのなかの代表的なのが

”食べる”

です。

 

何かと巷では、

”食”で健康を補うという発想が占めています。

昔から健康は栄養をとることからで

やたら食べることを推奨されました。

 

量多く食べれなくなると、

健康食品や栄養ドリンクなどが我々の生活に台頭してきました。

 

しかし、前世紀の食糧難の時期ならまだしも、

現在ではほぼ栄養が行きわたり、かえって栄養過多ともなっているわけです。

 

栄養が行きわたり過ぎると、身体に負担がかかってしまいます。

余分で要らない栄養を捨てようとします。これが糖尿病を起こす元にもなります。

 

体調が悪くなって、特に食欲をなくなってしまえば、

食欲が出てくるまで”食べない方が良い”。

これは非常に大事なことです。

 

体調を壊したことで身体は自然治癒力を動員して回復させようと必死です。

このときは食べて消化して吸収するという力が衰えています。

 

そこに無理して食べれば、胃袋や腸内に自家中毒となって

良くて嘔吐か下痢です。

悪いと胃腸の働きが鈍って”パンパンお腹が張って”苦しくなります。

 

私自身も胃腸系統の風邪をひきやすく、

食欲がキチンともどっていないのに無理に食べて失敗したことがありました。

失敗であれば笑って済みますが、自家中毒になり腸内に悪いガスでお腹がパンパンとなって、

2週間近く苦しい目にもあいました。

 

逆に言えば、

”食欲”が体調のバロメーターです。

 

”食欲”があれば、まずは大丈夫。

無ければ、食欲が出てくるまで自分の自己治癒能力を

信じながら待つべきです。

 

そういうことで、

”食欲”による

体調チェックも覚えておかれるといいと思います。

(おわり)