コロナウイルスに立ち向かえ!肺の急所を公開-根本改善整体らくしんかん(広島市)

皆様にお役立ち健康情報をお届けします

広島にも“新型肺炎コロナウイルス”に
感染された方が出たという報道がでました
来るべきものが来た! というのもありますが

 

逆にいたずらに心配し過ぎるのもどうかと思います
その結果不安になり過ぎるあまり、煽ることになり
かえって周囲に迷惑をかけることにもなります

以前もとりあげましたが、今できることを紹介します
科学的根拠は無いとしながらも
“免疫力”や“カラダのチカラ”を高める方法です

最初から断っておきますが、
コレをやったからと言って“予防法”にはなりません
やり続けることによって“カラダのチカラ”レベルはあがります

どっかの健康情報みたいな
○○すれば××に良いとか、△△を摂ると痩せる!という
単純で安易な発想からは離れて下さい

場所は簡単です
鎖骨の内側です
鎖骨の骨があって、その内側のくぼんだ所です

わかりにくい方は、表紙のアイウオッチの写真をみてください
美人のお姉さまの、胸元“赤い”ところです
中央寄りが“肺”の急所です

“肺”がくたびれてくると
この赤い箇所の窪みが“堅くなる”
肺炎や昔は結核の急所に使われた場所です

 

やり方が、ごくシンプル“指先で触れるだけ”
グラム単位の“柔らかさ”で、じいーっと触れるだけ
下の写真を参考にしてくださいね

非常にデリケートな場所なので
決して揉んだり、グリっと力を入れたりしないでください
かえって肺をやられて危険です

繰り返しますが、指先で触れる程度で3分程度あてましょう
(おわり)