自分でできる健康&整体生活|広島らくしんかん整体 役に立つイビキ対策!

もうすぐゴールデンウイーク

行楽で外泊する方も多いのではないかと思います。

 

そこで気になるのはイビキ。

相部屋になると大変ですね。

イビキの被害者になったり、加害者になったりもします。

 

被害者になると大変ですね、

まず自分の例をとりますと。

 

成田空港近くのゲストハウスに泊ったのですが、

部屋はドミトリーという6人が寝れる相部屋。

そこで2人のフランス人と一緒になりました。

 

ニューカレドニアからパリに向かっているそうで、

成田空港で乗り継ぎのために泊っているとのことで、

愛想よく話していたのはよかったのですが。

 

いざ寝るとなると、すごいイビキ。

マフラーをはずしたバイクが耳元で唸っている感じ。

 

しかも二人ともお互いが負けじと大音響を発する。

それがステレオ効果で部屋中響くからたまったものでない。

 

どうもイビキの音が部屋の外にも洩れているようで、

見るに見かねて宿の主人が、空いている部屋に

避難させてくれて事なきを得ましたが。

ホントにすさまじかったです。

 

被害に遭うのも悲惨ですが、

加害側にまわるのも気まずいですね。

翌朝になると相部屋の人が、機嫌が悪くなってしまう。

 

そこで、すぐできるイビキ対策を紹介します。

またはアイサイトの下手糞な絵を見てください。

「鼻」というところを丁寧に揉んでください。

 

これだけでも、幾らかは軽減します。

自分も近親者がイビキをかくので、これをして

ずいぶんトクをして、快適に寝ています。

 

旅先の宿では、相部屋の人には足の裏と一緒に揉みながら

「長道中、疲れましたよね、これすると疲れがとれるんですよ」

と言いながらやると、お互い円満にイビキ対策ができますね。

(おわり)