食べて補う発想は”肝臓をダメにする”-根本改善整体らくしんかん(広島市)

からだの不調を感じた時

とくに”だるい” ”疲れがひどい”時に

栄養ドリンクなど、栄養剤やサプリを飲まれる方が多いのですが

こういう時こそ、過度の栄養は摂らないほうがいいのです

 

 

この場合、最初にやられるのは”肝臓”です

必要のない、過度の栄養成分は”からだ”にとって害です

過剰栄養はかえって負担になり、からだにとって毒になるのです

 

 

肝臓ががんばって毒を”解毒”しているので

負担は相当なものになります

肝臓に無理がかかれば”腎臓”にも負担が強いられます

 

 

肝臓、腎臓がうまく働かない、草臥れると

余計に”だるく、疲れ”が増してきます

 

 

からだの不調を感じたときは

過剰な栄養は摂らない方がいいのです

サプリの摂取も同じです

 

 

過剰だと、身体が吸収してくれるどころか

毒として、せっせと体外へ捨てるわけです

これが糖尿病に至る過程にもなります

 

 

解毒作用がうまくいかず、排泄できなくなると

「自家中毒」となって、体内に毒がまわって思わぬ不調に

見舞われることにもなります

 

 

少なくとも、本来の食欲がでるまでは

「食事」も控え、余計な薬物・サプリを採らないのが

結果的に早く不調を改善させることになります

(おわり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です