だるい・浮腫む・坐骨神経痛にも~”足で不調改善”!-根本改善整体らくしんかん(広島市)

根本改善整体らくしんかん・ナガミです

 

ラジオ体操でお馴染みの

足を横に出して伸ばす体操ですが

お尻を落として、足裏を床につけますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(↑ 横に足を出しての伸脚。カカトが床についていますか?)

 

若い方だと、何でもないと思いますが

40代、50代以降になるとキツくて

”できない”という方いませんか?

 

 

これがやりづらいというのは

足裏の筋肉、とくに太ももが縮んでいます

縮んだままだと、ロクなことがないんです

 

 

例えば

□ からだが重く感じる、だるい

□ 足が浮腫む、足が重くてあがりづらい

□ 坐骨神経痛や、ヒザが痛い、腰痛

□ ネコ背など姿勢が悪い、肺が弱い

□ 高血圧、小便やお通じのトラブル

など

 

特に梅雨時期は

湿気でカラダに影響されやすく

結果的に太もも裏を中心に堅くなります

 

 

そういうことで無理のない範囲で

カンタンな予備体操を紹介します

 

 

コレをやると

足全体と腰や上半身も弛んできて

横伸脚した時、カカトが床に着くようになります

 

 

カカトが床に着くようになると

足が弛み伸びてきます。足腰が強くなります

 

 

なお、妊娠中の方や足腰に故障のある方は

ちょっとハードなので、控えて下さいね

 

 

① 足首を回してみましょう

あお向けで寝て、ゆっくり大きく足首を回します

足首が回るだけでなく、ヒザ・股関節・骨盤も一緒に

動いて各所の関節の堅さがとれて弛んできます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(↑ 足首をゆっくり・大きく回しましょう。逆回しもOK)

 

 

② 太ももの内側を軽くはじきます

太ももの裏側だけが堅いだけでなく

太もも全体の筋肉が堅くなっています

 

 

足を左右に拡げて、手のひらで少し押してから

摺り上げながら太ももの内側を弛めます

力づくでやると危ないので、”やさしく”弾きます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(↑ 黄色の部分を手のひらで軽くはじきます)

 

 

③ 太ももの外側も撫で上げます

②の内側をやれば、外側も軽く押圧して撫で上げます

ヒザが悪いと、太ももの外側がパンパンに張って

手で押すと痛く感じるところがあります

強くやらないで、やさしく、ていねいに繰り返します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(↑ 太ももの外側を、軽く押して撫で上げます)

 

①②③を10回程度、繰り返してやったら

もういちど”横伸脚”に挑戦してください

カカトが床についたら成功です

 

 

万が一、カカトが床に着かないようでしたら

翌日以降も①②③をやってからチャレンジすると

うまくいって、足腰が強くなり不調改善しますよ

 

 

番外編 ”どうしても…”という人に

身体が堅くてできない、めんどくさいという人は

足をカベに掛けて、足裏を伸ばしてください

こちらでも効果がありますので、是非試してください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(↑ 両足をカベに立てかける。足先を自分の顔に向けるのがポイント)

 

 

この梅雨時期

太ももの裏側をはじめ、足をしっかりケアをすると

梅雨が苦手な人も、身体じゅうの不調も改善して

スッキリ爽快になって、梅雨時期が快適に過ごせます

 

是非お試しください

(おわり)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です