根本から改善できる!整体の”活法”とは-①呼吸器を強くする方法

コロナ感染対策でマスクし続けていると

肺を含めて呼吸器を弱らせます

息苦しいと熱中症にもなりやすいです

 

 

この梅雨時、湿気で空気が重いなか

ちょっとでも動けば息苦しくなります

今回はこんなコト状態で

困っている方を対象に改善法を提案します

 

 

 息が苦しい、いつもハアハアしている人

 ぜん息があって、セキをしている人

 胸まわりが閉じて、気分がすぐれない人

 

 

こういった方に

気持ち良く呼吸ができ、梅雨を爽快に過ごせる!

呼吸をラクにする整体の秘術を紹介します

 

 

今回は「呼吸活点」と「胸部活点」です

 

 

① 呼吸活点とは

「呼吸活点」は骨盤の左右の上端に内側にあります

 

 

 

 

 

 

 

よくラジオ体操で

”腰に両手をあてて後ろに反らす”運動すると思いますが

両手の親指が骨盤の上端内側に当たる部分になります

正確を期すと、かなり場所の特定が難しく

操法のうえで、相当高度な技術を要します

呼吸活点を使って本格的に身体を改善する

には当らくしんかん整体を受けて下さい

 

 

ここでは、おおよその”呼吸活点”に

手をあてて少し腰を反りながら、自由に

ゆっくりと腰を動かしていきます

 

 

これで

堅くて指が入りづらい呼吸活点が弛み

足腰がラクになって、胸も拡がって

呼吸がラクになってきます

 

 

実は”呼吸活点”を結ぶ骨盤と背骨は

からだの前後運動と呼吸器の運動を

コントロールする役割があります

自律神経にも影響します

 

 

そういうことで

左右の骨盤上端の内側に両手をあてて

少し腰を反らすと呼吸活点が弛みます

 

 

② 胸部活点

 

次は

鎖骨の内側の「胸部活点」です

 

 

 

 

 

 

 

以前コロナウイルス感染が広がった頃に

鎖骨の内側が肺炎の急所だと紹介しました

 

 

この場所になります

こちらは強い力や、刺激はダメです

温湿布でやんわりと温めると良いです

 

 

最後は呼吸の中枢の”延髄”

後頭部の真ん中を温湿布で温めます

 

 

汗の内攻があったり

発熱した時も後頭部を温めます

 

 

温湿布がないときは

ポイントが狭い範囲になりますので

指のハラで”やさしく手あて(愉氣)”します

 

 

時間がかかりますが

やさしく根気よくやれば

必ず弛んで、呼吸がラクになってきます

 

 

いずれも力づくでやったり

強い刺激を加えると逆効果になります

くれぐれも注意してください

 

 

呼吸がしづらい、セキがでる

肺炎や呼吸器、自律神経が気になる方

”呼吸活点”と”胸部活点”をやさしく弛めて下さい

(おわり)

根本改善整体らくしんかんHPはコチラ

https://rakushin-seitai.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です