根本から改善できる!整体の”活法”②-不眠を克服するには?

根本改善整体らくしんかんのナガミです

今回のテーマは”不眠”です

不眠でお悩みの方、最後までご覧くださいね

今回はどうすれば”不眠症”を克服して

心地良い深い眠りと、爽快な朝を迎える

秘訣をお教えします

 

根本改善整体らくしんかんを開設前に

東日本大震災被災地で整体ボランティアを

行いましたが

 

不眠症で悩んで、睡眠薬が欠かせない方が

多くいました。とくに福島県が多かったと

思います

地震と津波だけでなく、原発の放射能で

強制的に住む家を追われ、避難所を転々と

しながら、やっと仮設住宅に入りますが

 

壁が薄くて狭い仮設住宅

となりが他地区からの見ず知らずの人が

入っているケースも多く、何かと気を遣うコトが

多くて、夜が寝付けない人が多いのです

 

深く眠れないと

カラダに溜まった疲労が抜けません

それどころが

日々の疲労をどんどんたまっていきます

 

さらに中途半端な眠りは

日中でも白昼夢を見るように眠たくなり

頭の働きが悪くなり、認知機能にも影響します

不眠症の原因ですが

改めてあげると

 

 人間関係など心理的な要因から

   頭や神経の緊張が続くこと

 

 全身疲労では無く、目の使い過ぎなどで

   偏った身体の使い方による疲労(偏り疲労)

 

があげられます

 

頭や神経の疲労をとったり

偏り疲労を取っていく事が

深い眠りへつけることになります

 

① 頭の緊張をとりましょう。頭皮を弛めます

お風呂で洗髪するときに”頭皮”を触ってみましょう

 

パチンパチンに頭皮が張っていませんか?

張っていると頭や神経が緊張しています

 

洗髪時に、指のハラで頭皮をやさしく

ほぐして頭の緊張を解きましょう

 

② 鬼のツノがはえる”頭部活点”をおさえる

 

ここは感情や神経の緊張を鎮める急所です

アイウオッチの写真のように指のハラで

やさしく数分おさえて緊張を弛めます

 

③ 後頭部を持ち上げるように”手あて”する

後頭部は”眠りの急所”です

眠りが悪いと、後頭部の頭蓋骨が堅くなり

落ちてきます。やさしく持ち上げるように

数分”手あて”をします

 

④ おやすみ体操・基本1・2を行う

 

これは偏り疲労をとります

眠りが悪いとアキレス腱が緊張してきます

 

足をよく伸ばして、アキレス腱を弛めます

こちらは動画をご参照ください

リンク・おやすみ体操動画

https://www.youtube.com/watch?v=kvyk7dq5o0k&t=227s

https://www.youtube.com/watch?v=rRvw49baI6A&t=2s

 

以上①~④をやっていただけると

夜は寝つきが早くなり、ぐっすり眠れて

朝はスッキリ起きれます

 

気を付けてほしいのは

寝る前は、頭や眼を使わないコト

 

テレビやゲーム、スマホなどをすると

視神経が興奮して眠りが悪くなるので

気を付けて下さい

(おわり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です