女性の大敵・生殖器も悪影響する”捻挫グセ”を改善する方法とは

女性の卵巣・子宮も危ない! こわい捻挫グセ!

1.女性の足首が危ない-ネンザより怖い捻挫グセ-

センセーショナルなタイトルですみません

実は誇張ではなく、”足首”は女性にとっての急所なんです

 

整体的観点から”足首”は”ヒザ”や、とくに”骨盤”と連動しています

”骨盤”のなかには、女性にとって大事な”子宮”や”卵巣”があります

足首を痛めると骨盤に影響し、これらの女性の生殖器に影響します

 

生理不順や不妊の問題までつながるのに、

意外に、足首は”無防備”という方が多いのが現状です

その証拠に高いピンヒールをはいて、ヒールをグラグラさせて

歩いている姿を、街じゅうで頻繁に見かけます

 

実はコレは”捻挫の予備軍”です

これが恒常的に長く続くと、いつも軽い捻挫をしながら日常を過ごしているのです

それが日々積み重なると、無自覚に足首がどんどん狂いだしてきて

挙句の果てに、ヒザや骨盤まで影響するのです

 

その結果、ヒザ痛や腰痛、姿勢の歪みだけではなく

女性にとっては骨盤内の大事な生殖器である”子宮・卵巣”に

悪影響を及ぼすのです

 

卵巣には女性ホルモンがありますので

当然、生理や妊娠にも悪影響を及ぼし、不妊の一因になっていることがあります

2.どうして”捻挫グセ”が、完全なネンザより怖いのか?

これは”自覚症状”の問題です

 

完全な”ネンザ”だと激しい痛みが伴います

この痛みが強烈な”からだへの警告”となって

ネンザを治そうと、からだが意識的に集中していきます

さらに、これ以上”ネンザ”しないように、からだも警戒し構えます

 

これが、中途半端な”捻挫”、少しだけ捻ったような”捻挫”だと

痛みがありません。この痛みが無いのが”くせ者”なのです

 

痛みが無いから、”大したことはない”と思って

そのまま放っておくケースがほとんどです

 

痛みがなくとも、少しずつ足首にある骨の枠組みがズレてきます

これが足に合わない靴を履き続けたり、歩き方など接地のバランスが

悪いと、枠組みのズレが少しずつ大きくなります

 

枠組みのズレが大きくなっても、わずかずつなので痛みはありません

 

しかし、限度を超えると初めて違和感を覚えるのです

それが足首であるとは限りません。ヒザ痛とか、腰痛にもなります

さらに、先ほど紹介した女性の生殖器に及ぶのです

 

そこまで至るのに長い日数がかかるので

ほとんど”足首”が原因であることを見過ごしてしまいます

 

ヒザ痛、腰痛、生殖器系統の不調に目を奪われて

対症療法しても、足首が原因であればココを是正をしないと

根本改善にならないわけです

 

3.捻挫グセのチェック法①-足首を回してみる-

簡単な”捻挫グセ”をチェックする方法を紹介します

自分でセルフチェックとしてもできますし

ご主人や家族、友人にやってもらってもOKです

 

まずは、平べったいトコロで”仰向け”に寝ましょう

枕は不要です。両足先を肩幅くらいに拡げます

 

そこでゆっくり、大きく両足首を回してみましょう

両足首が全周回、同じスピードで均等に回せれば完璧です

 

現実には、キレイに全周回・均等に回せるケースは少ないです

たいていは、どこかで堅いところがあって引っかかるケースがあります

 

その反面、ヤケに力が抜けて”手ごたえ”の無い箇所があれば

捻挫グセの疑いがありますので、注意しましょう

 

ご自身でのセルフチェックが難しければ、誰かに足首を回してもらいましょう

そこで急に力が抜けたり、軽くなったりする箇所があれば、そこが要チェックです

 

(↓足首回しの例)

4.チェック法②-ピンヒールの靴を履いた時に、チェックしてもらう(注意必要)

ヒール高が高くて、ピンヒールの靴を持っている方は

実際に履いて歩いてみましょう。そして家族や友人などに後ろから

”ヒール”の倒れ具合をチェックしてもらいます

 

実際にピンヒールの靴を履くので、ホントに捻挫しないように

注意してください。足に異変があったり、妊娠中の方は避けて下さい

 

ヒールがグラグラしたり、外側へ倒れかけたりしながら歩いていたら

”捻挫グセ”の傾向が強いです。ヒールの高い靴には要注意です

 

5.捻挫グセにならない、捻挫グセを”改善”するには

女性の場合、ヒールの高い靴は”極力”履かないことです

仕事の都合上や、おしゃれしたい時もあるでしょうから

全くは手放せないかもしれませんが、なるべう長い時間は避けるべきです

 

ヒールのある靴を履く、履かないにかかわらず

男女とも足首は地面への直接接地して、体重をモロに受けているので

足首への負担が大きく、狂いやすいところがあります

 

前記の”3”「足首をまわしてセルフチェック」でありましたが

あお向けになって、そのまま両足首を大きくゆっくり回し続けると

狂った足首の調整に繋がります

 

わずかな時間でも構いませんので、足を酷使し終えた”就寝前”に

マメに”足首”を回し続けると、捻挫グセの足首を改善できます

 

6.次回は”捻挫した時の対処法”をします

今回は、完全に捻挫した時よりも

始末が悪い”捻挫グセ”の見つけ方と、対応・改善の仕方を

説明しました

当根本改善整体らくしんかんでは

男女問わず、必ず足と足首を観察して調整します

もちろん足首も回します

 

足首を回して”捻挫グセ”や、

その度合いをチェックしながら整体操法します

さらにヒザや、腰痛、肩こりも”足首”回しや、足首調整でも改善が可能です

 

ご自身で行う”セルフケア”が難しい時は

是非とも根本改善整体をご体験下さい

 

次回は、実際に捻挫した時の対処法を紹介します

さらに足首の複雑な骨組みを説明しながら、足を使わないで

”捻挫”や”足首の狂いの是正法”も紹介します

 

どうぞご期待ください

(おわり)

根本改善整体らくしんかん

整体のくわしい説明はコチラ

https://rakushin-seitai.com/

整体のご予約・お問い合わせはコチラからどうぞ!

https://rakushin-seitai.com/%e4%ba%88%e7%b4%84%e3%83%bb%e3%81%8a%e5%95%8f%e5%90%88%e3%81%9b/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です