歯周病・歯槽膿漏を整体的に改善するには!-かんたんセルフケア法

歯周病で歯ぐきが腫れてる、歯がグラグラする

歯周病で歯ぐきが腫れたり、出血、歯がグラグラするお悩みに、整体的セルフケアで簡単に改善できる

方法を紹介します。いつでもどこでも、わずか3分でできるケア法を継続することで、

老化による歯抜けを防ぎ、食事もおいしく楽しくなり、いつまでも健康的な歯でいられます

 

カンタンに自己紹介です

根本改善整体らくしんかん・ナガミと言います

広島市の中心部で野口整体をベースに”手あて(愉氣・ゆき)”や、日本伝統の和の整体術を

あなたのお身体の不調をやさしく改善する”整体と健康塾”です

 

もくじ

1.リンゴをかじると血がでませんか?

2.意外な歯ぐきとカラダの関係

3.簡単いますぐできる!歯ぐきケア①

4.簡単いますぐできる!歯ぐきケア②

5.簡単いますぐできる!歯ぐきケア③

6.まとめ

 

1.リンゴをかじると血がでませんか?

”リンゴをかじると血がでませんか?”

このキャッチコピーがご存知の方、たぶん40~50代以上の方ですね

あのライオ〇社の有名なハミガキ”デンターライオ〇”のCMです

昭和40年代に流行りました

 

あの頃は少年の頃なので、他人事のように聞いていましたが

50代に入り、周りの同世代以上の方から歯に関する悩みを聞くようになり

とても他人事だとは思えなくなりました

 

40代後半あたりから、実際に歯ぐきがはれたりして歯がグラグラ

歯が抜けて行く人がいます。口をあけると”歯なし状態”がくっきり

”歯なし”が気になって、人前で話すのが億劫になるという人もいます

 

いちばんキツイのは

モノがおいしく食べれなくなること。お肉とか、せんべいなど堅いモノが

噛めなくなり味わえなくなること。このまま、どんどん歯が抜けていって

近い将来、総入れ歯になるかも?という不安を抱える人もいます

 

なんとか歯ぐきを健康にして、歯を長持ちさせたい!

人前で気持ち良くおしゃべりして、美味しいモノを味わいたい!

そんな方に、”簡単!今すぐできるケア3選”をご紹介します

 

2.意外な歯ぐきとカラダの関係

昭和のころ”歯槽膿漏”とよく言ってましたが

今頃は”歯周病”のひとつとして、まとめられているようです

 

病名の種類や分類は医学界のやることで、整体では関係がないので

歯ぐきの腫れなどの異状状態として進めていきます

 

歯ぐきは、”腎臓”の働きと関係しています

意外かもしれませんが、腎臓の働きを良くさせるコトで

歯ぐきは元気になっていきます

 

もし野口整体に精通していて、背骨を数えられる人は

胸椎10番という骨を根気よく”手あて(愉氣)”をして

側腹をつまんだりしていきます

 

胸椎10番の捻れ状態を修正することで

根本改善をはかりますが、こちらは技術的に難しく根気も必要なので

当根本改善整体を受けるコトをおススメします

 

ここでは、とりあえず簡単にセルフケアでできる

3点をこれから紹介します

3.簡単いますぐできる!歯ぐきのケア①

ちょっとしたスキマ時間に、簡単にできる

歯と歯ぐきを健康にするケアがあれば、試してみたくなりませんか?

ここでは、特別に厳選して3つご紹介します

 

1つめは

”口のまわり”を軽くタッピングする

です

 

手でこぶしを作って、口のまわりをコンコンと軽く叩きます

これで歯ぐきが締まってきます。刺激が強い時は手の指のハラで

叩いていきます

 

4.簡単いますぐできる!歯ぐきのケア②

次は大口開きです

口の左右に指を入れて、横一文字に”がばっ”と口を大きく拡げます

 

人前で、いきなり大きな口を拡げるのは恥ずかしいかもしれません

トイレなど、人がいないところでお一人で試してください

 

実は大口開きをすると、腎臓の働きが良くなりますので

歯ぐきの問題だけでなく、腎臓や循環器に問題のある方にも

おススメです

 

口の中に手をいれますので、手を清潔に保って行ってください

いきなり、こんな顔ですみません

5.簡単いますぐできる!歯ぐきのケア③

次もすぐできるケア法です

アゴ下”リンパ”の押し上げです

 

アゴの下を軽く押し上げます

アゴの下を軽く押し上げると、リンパにぶつかったような鈍い痛みを

感じるところがあります。そこをやわらかく真上にある歯ぐきの方向に

少しだけ押し上げます

 

リンパの流れをよくすることで、歯ぐきの血流などの循環を

良くさせます。くれぐれも強い力でやらないでくださいね

6.まとめ

これら3つのセルフケアは、とっても簡単です

お茶の間でテレビを見ている間、お仕事や勉強の合間、外出時に電車やバスを待つ間

ちょっとしたスキマ時間にできるのが長所です

 

気づいたら”身づくろい”のひとつとして小まめに行ってください

 

1回や数回やっただけでは、なかなか変化しません

長年かけて悪くなったものは、それを改善するにはそれ以上の

手間と年月を必要とすることがあります

 

小まめに根気よく続けることが大事です

 

さらに40代に入り、歯や歯茎のことが気になりだしたら

予防の意味で”3つのケア”をやっておくと、歯ぐきが引き締まり

歯が丈夫で長持ちして、いつまでも美味しく噛めます

 

思い立った時がチャンス!

是非お試しのうえ、続けて下さい

(おわり)

根本改善整体らくしんかん

整体の詳細、ご予約・お問い合わせはコチラ

https://rakushin-seitai.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です