猛暑がアナタの体力・知力・気力を奪う!-整体ケアで厳しい夏を乗りきろう!

毎日の猛暑がアナタの体力を確実に奪っています

猛暑、猛暑と暑い日が続いていますね~

連日の厳しい暑さで、少々バテ気味じゃないでしょうか?

 

☑ 暑くて冷たいモノばかり飲んで、食欲がいまひとつ

☑ 夜暑さで寝苦しくて、ぐっすり眠れない。

☑ 朝おきたら、腰のあたりが重くて全身がだるい

 

だんだん仕事も家事も勉強もヤル気がなくなって

サボりがち、効率が落ちて締め切りに間に合わなかった!

 

ひょっとして、

こんな危機に陥っていたり、ヤバい!と感じているアナタ!

 

じつは、

日々の猛暑が”あなたの体力だけでなく、知力に気力”を奪っているのです。

猛暑で体力が奪われる-ポイントは”腰(コシ)”だ!

夏の暑さで”参っているな”と思われるカラダには”特徴”があります。

 

それは腰(コシ)が強張っているんです。

もう少し詳しく言うと、”骨盤”という腰(コシ)の骨がありますね

その骨盤のうえ両サイドの部分の左右どちらかが強張っているんです。

 

左右のどちらかが強張っていると

たとえば腰の右側が強張っていて、左側がノーマルで柔らかい状態だと

腰の運動は必然的に”捻れて”きます。

 

ここで腰から身体全体への歪みが生じはじめるんです。

 

いままでクライアントさんの骨盤を見てきて、

この梅雨あけまでは、右側の腰が強張っている人が比較的多い感じです。

 

右側の腰が強張ると、肝臓に関係してきますが

ジメジメした梅雨時に、汗として皮膚からの体内の排毒が上手くいかないと

解毒作用のある肝臓を疲弊させ、ついで腎臓もやられてきます。

 

梅雨時、梅雨が明けても

腰回り、身体がなんとなくダルくて、やる気が出ないのは

そういったところにも関係します。

 

もうひとつ厄介なのは

コレが腰の痛みとあまり結びつかないことで

大したことないから、見過ごすケースが多いんです。

 

夏場は気温も高くなって、身体が動きやすくなって

腰(コシ)も良く動ける季節で、腰痛やギックリ腰を訴える人は比較的少ないのですが

いざ腰や骨盤をさわると、痛みというより腰が強張っている人が多く

たいていは本人には、腰の痛みがないんです。

骨盤が強張ると、連動して姿勢が悪くなり呼吸器をやられる

骨盤が強張りがだんだん大きくなると

立ち続ける動作がきつくなります。骨盤を支える筋肉が疲弊して

骨盤が後屈して、骨盤の前の”恥骨(ちこつ)”が飛び出たようになります。

 

よくイスに浅く腰掛けて、足を投げだして、”ふんぞり返って”座る姿勢がありますが

まさに、あの行儀の悪い座り方です。

 

そうすると骨盤のうえにある背骨も連動して歪んできます。

背骨がネコ背のようになって、肩胛骨がせばまり、肩が上がった状態になり

肩こりに悩んだり、肩胛骨が狭まると肺を委縮して呼吸器をやられてしまいます。

 

だから呼吸しても息がちゃんと肺に入らずに、酸素と二酸化炭素の交換が不十分になり

チョットしたことでもハアハアと息苦しくなってきて、夏の厳しい暑さに耐えにくくなるのです。

 

もちろん、呼吸器が弱っているのでコロナにもかかりやすくなりますし

熱中症にもかかりやすくなります。同時にどんどん身体の力を奪っていきますので

日を追うごとに身体がしんどくなって、夏バテと言うコトにもなります。

 

夏バテではすまない!-ボケが進行して知力を奪い認知症進行にも

骨盤が強張りくたびれてくると、背骨をつたわって”頸椎(けいつい)”という首の骨があります。

この首の骨は、頭蓋骨を支えるという大変重要な役割を持っています。

 

この頸椎の骨が、骨盤と背骨の歪みから影響を受けて、どんどん偏ったり歪んだりして

疲弊してきます。そうなると首が堅くなって脳と心臓の血管を圧迫して血流を悪くしたり

頭蓋骨が支えきることができずに、後頭骨が首に覆いかぶさって、なお血行を悪くします。

 

血行が悪くなると、思考や判断をはじめとする認知機能をつかさどる脳の機能に

悪影響をおよぼし、短期的には頭が働かなくなる、やる気がでなくなるなどの悪弊のほか

長期的には認知機能が衰えてくるので、認知症を悪化させることにもなるのです。

 

長期的に少しずつ体力を奪っていき、

秋口になるとすっかり身体が弱ってしまっているコトになります。

まさに暑さで体力だけでなく、知力・気力を奪って健康寿命に大きく影響しますので

早めの対応が必要になってきます。

 

とくに高齢者の方には、とても重要なコトです。

根本改善整体で、まず”腰(コシ)”を修正しよう!

まずは腰(コシ)の状況を詳しくみて、歪みがないかをチェックします。

歪みが生じていたら、からだ全体も観察して手足、頭、肺に肝臓や腎臓などの臓器への

影響もないかどうかをチェックします。

 

そこから腰(コシ)、骨盤を調整をはじめ

歪みの影響を与えていた根本箇所、この場合は足元の重心偏差や、食べ過ぎやスマホなどの

目の使い過ぎなどによる日常生活の問題で生じた不調箇所も調整します。

これが根本改善整体の原則になります。

 

腰(コシ)をみるのも大事ですが、何が腰や骨盤を狂わせていたのか

クライアントさんの身体の使い方や、無意識の身体の運動のクセ、日常生活を

詳細にチェックをし調整することで

 

夏バテ知らずのカラダだけでなく、

どんどん丈夫になって、毎日が楽しく活き活きと過ごせる身体にすることができるのです。

 

”みるみる良くなる根本改善整体”は

受けるとたいていの方は、あまりに気持ち良くて整体中眠たくなります。

実際には大半の方がスースーと眠ってしまいます。

 

整体を受けている時も、極上の気持ち良さがありますが、

さらにビックリなのは、整体を終えてから起き上がったり、立ち上がった時の

”身体の軽さ”に驚かれるのです。

 

なかには

今までダルかった腰に、歩くと足が重くてつらかった方が

『背中に羽根が生えたみたい』とか『このまま宙に浮いてしまいそう』と

ビックリされています。

 

こちらを読まれた方、

この猛暑いまいち身体の調子が良くない!という方

いちど”みるみる良くなる根本改善整体”をご体験下さい!

 

 

 

 

 

(参考画像:根本改善整体の例)

(おわり)

リンク:根本改善整体らくしんかんHPはコチラ

リンク:整体のご予約・お問い合わせはコチラ

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA