もしコロナに感染したら⁉-脱水症状を防げ!水分補給の重要性!

らくしんかん整体・ナガミです

 

このたびコロナに感染しまして
皆さまにはご心配をおかけしました。
お陰様で完全に回復し復帰できました。

 

コロナに感染して、私の場合ですが
39度近い発熱がしてセキ、さらに悪寒がひどくて
夜はブルブル震えて満足に眠れませんでした。

 

そんなとき保健所からは
「脱水状態にならないよう、水をしっかりとってくださいね」
と電話でアドバイスを受けました。

 

お聞きすると、
例えばPCR検査のときに、ある程度の”唾液”が必要ですが
このときにスグに唾液が出ない場合、体内からかなりの
水分が出ているそうです。

 

自分の体験として、水分が足りないと
ノド元あたりの粘膜が乾ききった感じがして
セキ込みが、さらにひどくなりました。

 

いっぽうで、
カラダが乾くことで体内の熱が逃げたような感覚になり
ブルブルと悪寒もひどくなっていたような感じでした。

 

しかしながら、

夜中でも絶えず水を飲むことで、

徐々に発熱も下がってセキや悪寒も

おさまっていきました。

 

コロナに感染したかな?

風邪のような症状が出たと思ったら

まずは脱水状態にならないよう“水”を採ることが

大事だと身をもって知らされました。

 

ご希望の方には
「脱水状態にならない症状を早く快方する水の飲み方」
をお教えしますので遠慮なくお申し付けください。

 

今回わかりやすく2つ補足します。

1.お茶やコーヒーではダメだというコト
お茶やコーヒーはカフェインなどのせいで、
体内から水分を排出させる作用がありますので
かえって乾きます。

2.意外に冷たい水が良い
昔から”寒の水(かんのみず)”といって、寒い外気温と
おなじ冷たい水をチビチビと飲むのが吸収が早いです。

ただし、最初のうちは小便にでますので実際にカラダに
水分が満たされるまで少し時間がかかります。

 

そのほか、この時期に
うまく”水”を飲めば、2・3月の時期を快適に
過ごせる秘訣もご説明しますので
整体を受けられた時に遠慮なくお申し付けください。

私の体験が、ご参考になれば幸いです。
(おわり)

らくしんかん整体HPはコチラ↓↓

リンク:根本改善整体らくしんかんHPはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA