ウイルスに負けない-免疫力アップの身体づくりとは

“免疫力アップ”の重要性は誰もが承知していることですが、

では、”実際に、どうしたらいいの?”と思わず悩んでしまう方も多いと思います。

どうすればウイルスにも負けない”免疫力をアップ”するには、どうしたらいいのか?

今回あなたの身体を活かして、すぐに実践できる”免疫力アップ”の方法をご紹介します。

1.呼吸と運動がキーポイント!

結論から先に言っちゃいます。

”呼吸””運動”が、あなたの免疫力をアップさせる重要ポイントです。

 

いきなり結論だけバーンと出すと面喰ってしまうかもしれませんが、

その理由はいたって簡単です! ”呼吸”も”運動”もなければ生命維持ができなくなってしまうからです。

とくに呼吸は2分以上も止めていたら息苦しいだけでなく、窒息して死んでしまいますね。

 

つぎに”運動”の重要性です。

運動というと歩いたり、走ったりなど全身を動かすことをイメージされがちです。

 

しかし呼吸や食事、排泄など生命を維持するうえでの行為は、必ず骨や筋肉が動きます。

つまり運動を必ずともないます。とうぜん呼吸も息を吸ったり、吐いたりすることも運動を

ともないますね。胸に手をあてて呼吸をすると動いているのがわかると思います。

2.呼吸の役割をおさらいしてみましょう

どうして”呼吸”が免疫力アップに重要なカギを握るのか?

そのまえに”呼吸”の役割を簡単におさらいをしてみます。

 

呼吸は吸うことで酸素をとりこみ、吐くことで二酸化炭素を体外に出すことはご存知だと思います。

さらに肺のなかで取り込んだ酸素は、血中にとりこまれて血管をつうじて全身へ酸素が供給されます。

 

人間のからだは頭から足まで膨大な数の細胞が活動することで生きていますが、

それぞれの細胞に酸素を供給して、二酸化炭素を排出しないと生命が維持できません。

 

そうなると呼吸能力を向上させることで、酸素供給を効率よくさせることが

全身の機能も活性化されて、免疫力アップにもつながっていくのです。

 

しかも呼吸は、肺の周囲の筋肉をはじめとした運動が連携しないとうまくいきません。

そうなるとスムーズな呼吸運動ができる身体であることが、免疫力アップさせるには必須です。

 

意外にスムーズな呼吸運動を邪魔をして、知らず知らずのうちに免疫力をダウンしている

ケースが多いのです。次は呼吸能力と免疫力をダウンさせる原因を探っていきます。

3.免疫力をダウンさせる”呼吸運動”の原因は?

意外にもスムーズな呼吸運動を妨げる光景は身近に見受けられます。

今回は整体的観点から3つに大別して、スムーズな呼吸運動を妨げ免疫力をダウンさせる原因を

考察します。

その1.胸が閉じこもっていませんか?

大きく深呼吸をするように、胸を開いてください。

スムーズに胸がひろがって大きく息が吸えますか?

 

もし胸が開いたときに、肩のまわり・肩胛骨周囲・あばら骨に違和感を感じたら

胸が閉じこもって、普段から十分な呼吸運動ができていない可能性があります。

 

この状態がつづくと、どんどん胸の周囲の筋肉が堅くなり動きが鈍くなってきます。

そうなると呼吸量も小さくなり、全身に十分な酸素が供給されず免疫力もダウンしてしまいます。

その2.口元・首が堅くなっていませんか?

マスクの長時間着用すると、口回りが閉じ気味になりますね。

そうすると同時にアゴや首の骨の動きが悪くなってきます。

 

いちど首の後ろに手をあてたまま、大きく口を開けてみてください。

そうすると首の骨が動くのが伝わってくるのがわかると思います。

その首の動きが悪くなると、呼吸や免疫力にも影響してくるのです。

 

”首の動き”と”呼吸運動”の関連性は何か?というと-自律神経系の働きなのです。

呼吸運動といっても筋肉が勝手に運いているわけではなく、自律神経の命令で運動しているのです。

 

首の骨の多くは自律神経系をコントロールする役割もあるので、動きが悪くなると

とうぜん自律神経の働きも悪くなって、呼吸運動にも支障が出てくるのです。

 

首が堅いかどうかは、首の左右にある”胸鎖乳突筋”の堅さで調べることができます。

その3.腰が堅くなっていませんか?

「えっ⁈ どうして腰が呼吸運動と関係あるの?」とギモンに思われかもしれません。

 

ちょっと簡単な実験をしてみましょう。立った状態で思いっきり息を吸い込んでください。

早いハナシ”深呼吸”です。胸を思いっきり開いて息を吸い込んだ時に”腰が動く”ことに

気づくかと思いますが、整体では腰と呼吸運動は切っても切れない関係なのです。

 

野口整体では、腰のある部分を”呼吸活点”と名付けているくらいですから

腰も”呼吸運動”そして免疫力をアップさせる重要な箇所になってくるのです。

4.整体でやさしく呼吸運動を改善し免疫力アップさせます

さきに挙げた呼吸能力と免疫力もダウンする原因ですが、

意外にも日常生活のうえで起こりえているのです。

 

炎天下での作業や長時間のデスクワークでの腰や肩などの偏った慢性疲労。

さらにパソコンやスマホの連続利用で、姿勢が悪くなり胸が開きにくくなってしまいます。

 

では、どうやって原因を除去して、呼吸・運動能力をあげて免疫力も向上させるのか?

整体の観点から解決法を簡単に説明します。

 

整体で呼吸・免疫力があがるだけでなく”肩こり・腰痛”も改善される!

まずはお身体の状態の観察です。

胸の周囲(肩・ワキの下、肋骨、肩胛骨、腹部)や、首の”胸鎖乳突筋”に腰などを

細かく拝見したうえで堅いなど異状箇所がないか?-をチェックします。

 

もし呼吸運動を妨げるような異状箇所があれば、首や胸などはデリケートな場所ですので

ゴリゴリと力づくで揉むようなことは決してしません。数グラム単位の極微圧で手のひらや

指のハラでじっくり触れながら弛めたほうが、安全で確実に正常にもどり動きが恢復します。

 

さらに免疫力を活性化させるポイントー例えば免疫細胞のコントールセンターの胸腺

リンパの流れをよくするワキの下、血流を良くし腹心還流を促進する腹部も整体操法します。

 

いずれも、ごく触れる程度のやさしさで整体を行っていきますので、最初はこんな弱さで

大丈夫?と思われるかもしれませんが、時間の経過とともにドンドン気持ち良くなってきます。

整体後には胸がラクに拡がって自然に呼吸運動も大きくなって免疫力アップにつながっていきます。

 

さらに整体を受けるクライアントさんに嬉しいのは、

ガンコな肩こり・首のハリ・腰痛など自律神経系の不調もいっしょに改善されます。

 

最近体調が気になる、免疫力をアップさせたいと思う方は

当整体を体験して、その効果を実感されることをおススメします。

(おわり)

整体のご予約・お問合せ電話:090-2002-9802

*************************************

フィンランド整体らくしんかん 代表ナガミ

【事務局・古江整体相談室】

広島市西区古江西町4-17 BM10ビル106号室

電話:090-2002-9802

e-mail.rakushinkan@hi3.enjoy.ne.jp

ホームページからもご予約・お問合せできます

リンク:整体のご予約・お問い合わせはコチラ

リンク:フィンランド整体らくしんかんHP

*************************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA