足腰が重たい!-気がついたら足首がむくんでいた‼

足の”むくみ”でお悩みの方に!

やっとジメジメうっとおしい梅雨が明けて、本格的な夏を迎えますね。

なにかと足元をさらけだすシーズンですが、さわると足首のあたりがプヨプヨと浮腫んでいる。

コロナの自粛疲れのせい? 足もダルくてあがりづらくて歩くのがつらい、腰も重たい。

そんなお悩みの方に、根本改善整体で”長梅雨で疲れた身体”を総決算します。

 

1.あなたの足首”むくんで”いませんか?

いま根本改善整体らくしんかんに”足のむくみ”でお悩みでお越しになる方が

急増しています。左右いずれかの足のウラがむくんでいたり、足首の周囲がむくんでいる方

静脈瘤のようになりかけている方もいます。

 

同時に、どうも足の調子がおかしい

足を上げようとしたら、重たくてだるい。歩くと何かにつまづいてしまう、

すぐ疲れて休みたくなる。腰から足先までがすごく重くてだるい。立っているのもつらい。

 

そういった切実な訴えをもってお越しになられます。

多くは女性です。30代の方から、90歳になる方まで年齢も幅広いのです。

なかには高齢の男性の方にも、”むくみ”が見受けられます。

2.”むくみ”がある?-簡単なテストをしてみましょう

”むくみ”を感じる。

実は個人差が大きくて、ちょっとした”むくみ”で感じる方もいらっしゃれば

かなり膨らんで、目に見える形でないとわからない方もいて、バラバラです。

 

そこで

1分でできる!

”むくみ”があるかどうかのカンタンなチェック法をご紹介します。

 

朝起きた時や、お休み前に試されるといいですね。

左右の足のウラを手の人差し指の指先でツンツンと押してみて下さい。

左右の足のウラが同じ感覚で、押されている感じがすればいいのですが、

左右差があったり、押している感覚がない時は”むくみ”の可能性があります。

 

次に足首のまわりを、手のひらで覆ってキュっと軽く締めてみて下さい。

すっと締めて手のひらで足首の骨を感じればいいのですが、腫れぼったい、ブヨブヨする

そんな鈍い感じがしたら、むくんでいる可能性が高いのです。

 

3.どうして浮腫むの?

簡単に説明しますと、

足の疲労が重なったり、湿気や冷えで足先回りの血液やリンパ液の循環が悪くなると

血流がうまく心臓に還すことができなくなり、足のウラ、足首回りに血流が滞って

むくんだ現象を引き起こすのです。

 

むくみの現象は、過去のブログでもくわしく記載していますので

コチラも併せてご参照ください。

リンク:過去ブログ”足のむくみ”を整体でスッキリさせる

 

足首の”むくみ”

簡単にまとめると、冷えなどで足先に異状がでると縮んでしまう反面

足首からヒザにかけての2つの骨、腓骨と脛骨がガバッと拡がってしまうのです。

その骨の拡がりで、皮下の血管を圧迫してしまい血流が滞留して”むくみ”ができるのです。

4.梅雨時の特徴-右足首まわりの”むくみ”がひどい

この梅雨どき、女性を中心に右足首の”むくみ”がひどい人が増えています。

ひどいとヒザや腰まで影響して、座ったり立ったりするのも苦痛という方もいます。

 

左足のむくみは、冷えと腎臓の疲労からくるのが多いのですが

右足のむくみは、少し厄介です。腎臓の問題のほかに肝臓の問題が絡んできます。

 

5.足首を締めるコトから、むくみを改善し足を細くする

足首まわりが”むくむ”と、見た目にも足首回りが太くなって”象足”にも見えてきます。

暑い夏が本格的になると、女性の場合は”足回り”をさらけ出す機会が増えてきますね。

 

やはり浮腫んだままだと、どうしても足首、ふくらはぎが太く見えてきます。

体感的にも、足がぼよ~んと重たい感じがして、「なんとかして!」と言われます。

 

この場合、足のふくらはぎや、足首を締めていきます。

 

ただし無理やり足首を締め付けたり、手でふくらはぎをギュッとやっても

そのときは気持ち良いかもしれませんが、”むくみ”は改善されないし、足も締りません。

 

根本改善整体らくしんかんでは、

ムリに足首や、ふくらはぎを締めつけることなく気持ち良く”足の整体術”を

ていねいに行っていきます。

 

足首の”むくみ”は、足先全体、ヒザ上、骨盤にも影響が及んでいます。

足首以上に、ていねいに整体調整すると

 

足回りがほっそり、すっきり

何よりも、信じられないくらい”足全体”が軽くなりました!

と整体を受けた方からご感想をいただきます。

 

実際に整体を受けられる前と、受けた後で

”足取り”が変わったと笑みをこぼしてお帰りになられます。

6.根本改善には”肝臓・腎臓”系統の調整も必要

足の”むくみ”や、足の問題は

どこの療術院も”足”のケアに終始してしまいがちです。

 

足の”むくみ”は、足の故障や問題ではなく他にもあるのです。

からだ全体でとらえていかなくてはいけないのです。

 

先ほども言いましたが、右足首の”むくみ”には「肝臓」の問題があるのです。

「肝臓」が疲れてくると自動的に「腎臓」にも影響して疲労してきます。

これらが疲労すると、血流つまり循環機能にも大きく影響してきます。

 

「肝臓」と「腎臓」の問題には、自家中毒が絡んできます。

自家中毒といっても”食中毒”ではありません。本来からだにとって良くないもの

不要なモノを肝臓や腎臓が解毒化しているのですが、解毒化以上に毒を取り込み過ぎて

自家中毒状態になっているのです。

 

自家中毒の範疇は極めて広くて、食べ物、飲み物のほかに

添加物、クスリも非常に大きく影響してきます。夏だと殺虫剤の問題や、塗料もあります。

サプリや、からだにつける化粧品も関係します。心理的なモノも、湿気からもきます。

 

大半は、これまでの食生活や生活の仕方に原因が生じてきます。

 

そういったものに、身体はうまく折り合いをつけているのですが

度を超すと、身体のどこかに異状を起こしてくるのです。

 

根本改善整体らくしんかんでは、右足首の”むくみ”を起こさせた原因をつかみ

対処することで、”むくみ”の根本改善を行っていくワケなのです。

(おわり)

リンク:根本改善整体らくしんかんHPはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA