質の高い”眠り”が、あなたの人生を変える

朝、お目覚めが悪い方”必読”です

8時間も眠ったのに、朝の目覚めがイマイチ良くない。

起き上がろうとしたら、身体が重だるい。頭も働かなくて、仕事や勉強の効率があがらない。

これらは睡眠の質が悪いのが原因です。その原因と睡眠の質を良くする方法をご紹介します。

朝は頭がイチバン働く”ゴールデンタイム”

夜間の眠りで頭の疲れが抜けていると

朝一番から頭がシャッキと働いてきます。

 

その証拠に、アイデアもどんどん出てきてパフォーマンスも高まります。

私も企画立案など、アウトプット系の作業を朝イチバンにしています。

よく”早起きは三文の得”といわれますが、まさにそうですね。

 

これは深く良い眠りをした結果であって

眠りの質が悪いと、朝の目覚めも悪くて調子があがらないことになります。

長い時間眠っても睡眠の質は良くなりません

「睡眠の質を良くする」と言うと

長時間眠るコトだと思われる方がいますが、

いちがいに長時間睡眠が良いというわけではありません。

 

このブログを読んでいる皆さんもご経験あるかと思いますが

やたら長時間眠り続けると、かえって頭が痛くなったりすることがありますね。

逆に、わずか10~20分の睡眠がシャッキとして、その後の仕事がはかどったという

ことありませんか?

 

睡眠は時間でなくその”質”です。

言い換えると睡眠の深さです。

どうしたら睡眠の質がよくなるの?

睡眠の質を良くするためには

大きくわけて2つの障害をとらなければなりません。

 

1つ目は

神経の余分な緊張を解かなければなりません。

それが整体で簡単にできるのです。

 

しかも、神経の緊張につながるツボを

軽く触れるだけで効果を発揮するので、

気持ち良いし、まったく安全です。

 

ふたつ目が

からだの偏った疲れをとることです。

 

”偏り疲労”とも言い換えられます。

からだの特定な箇所に疲労が蓄積して、簡単に抜けない状態です。

 

わかりやすく例をあげると

デスクワークする人は、肩や腕などが集中して疲れてくるし

長時間の立作業する人は、足腰に負担が大きくなってきます。

 

これが日々蓄積すると、縮んで堅くなってきます。

これがリラックスできない原因となって、深い眠りにつけないのです。

 

こちらも、からだの手あて整体で緊張を解いたり

吐く息にそって、スッと弛める整体操法でガンコに固まった疲労箇所を

弛めてあげていきます。こちらもほぐれるような感じで気持ち良いのです。

良質な”睡眠”に導く-フィンランド整体を試してみませんか?

じっさいに整体を受けられると

あまりにも気持ちがいいのか、10人中9人までが

整体中にスヤスヤ寝入ってしまいます。

 

 

 

 

 

(↑整体中の例)

 

整体後に起き上がって

「すごくカラダが軽くなった」

とビックリされます。

 

しかも、

その晩から睡眠の質が良くなりますので

翌朝の起き上がりもスッキリしてきます。

 

“眠りの質を高める”整体を体験して

朝からバッチリ好スタートを切りませんか。

 

ちなみにフィンランドのことわざにも

”朝は夕方よりも賢い”(Aamu on iltaa viisaampi)

やはり朝は頭がさえて働くゴールデンタイムなんですね。

 

フィンランド整体の永見でした(^-^)

******************************

フィンランド整体らくしんかん

広島市西区古江西町4-17 BM10ビル106

整体のご予約・お問合せはコチラ↓↓

☎090-2002-9802

e-mail.rakushinkan@hi3.enjoy.ne.jp

ホームページからもご予約できます。コチラ↓↓↓

リンク:フィンランド整体らくしんかんHP

******************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA